menu

男遊びが激しいビッチ達の日記

振った女と一夜限りのセックス

私が体験した「一夜限りの関係の思い出」は高校時代の後輩との一夜の体験です。

出会いは当時私が高校3年生のときです。彼女は一つ下の高校二年生でした。

当時文化祭で彼女の方から声をかけていただき、メールや電話、学校終わりに一緒に帰る程度の今でいう「恋仲」といった関係でした。

当時特に私は彼女のことを女性として全く意識していませんでした。本当にただ暇つぶしというわけではありませんが連れて歩ければいいや、といった具合に友達以上恋人未満の関係が楽でキスや手をつなぐといった恋愛に発展することは避けていました。

そんなあるとき彼女の方から告白されました。

当然私は好意はなかったのでその場でお断りさせていただきました。

断った理由は当時は私は清楚な子よりも元気で明るいギャルのような子が好きだったからです。

なので「俺ギャルっぽい子が好きなんだ」と断りました。

断った夜彼女からいっつのメールが届きました。

内容は「私ギャルになります。そうしたらまた考えてもらえませんか?」との内容でした。

そんなやり取りが続き、私は高校を卒業し、美容学校に入学、国家試験合格後、無事卒業その後は地元の美容室に就職して三年がたった23歳の頃です。

たまたまFacebookで彼女の名前を見つけてなんとなくメッセージを送りました。

返信はすぐに届きました。

久しぶりの彼女とのやり取り、文面からも感じられる元気でキャピキャピした雰囲気に私は彼女の変化に少し困惑しました。

何気ないやり取りをしていたら近場の居酒屋で飲むことになり後日5年ぶりに彼女に会うことになりました。

さすがに5年の月日が流れているので多少の変化に期待と不安を抱え彼女と合流しました。

現れたのは当時からは想像もつかないくらい変化を遂げた彼女でした。

テンション高めで飲み会がスタートし、話も盛り上がり、聞くところ彼女は現在エステティシャンをやりつつ、夜はキャバクラで働いているとのことでした。

そして飲み会も終盤に差し掛かりそろそろ解散になるとき、彼女に「今日うちのアパート泊まっていきませんか?」とお誘いがきました。

私は悩みましたが酔っていたので朝一で帰ることを伝え彼女のアパートに泊まらせてもらうことになりました。

そこからが早かったです。

アパートにはいってからすぐ寝ることに自然な流れでベットで添い寝しキスから行為に発展しました。

エステをしているので気持ちが良かったのを今でも覚えています。

そして朝を迎え、寝起きからもまた行為に発展しました。

そうして一夜で2度も行為をし、少し時間を空けて帰りました。

このまま彼女をセフレにしても良かったんですが…。

面倒ないざこざになるのは嫌なのでそれは止めました。

ただ気がかりなのはその後彼女からメールが届き、「また飲み行きましょう」との内容でした。

面倒なことになるのではないかと不安だった私は内心ホッとしました。

それから彼女とは一度も会っていませんし、恋に発展することはありませんでした。

音信普通でしたが、彼女だと確信できるブログを見つけてしまった↓
専業主婦が女性用風俗について語ります

今は結婚して旦那もいるようですが、性生活にはあまり満足していないようで。女性向けの風俗なんかを利用して遊び歩いているのかと思うと彼女の性格をうかがえます。

私自身現在は年をとったせいか、ギャルよりおとなしめの清楚な子が好みに変わっていたので後輩と今後も発展することはまずないかと思います。

以上が私の体験した「 一夜限りの関係の思い出」です。

カテゴリー

カレンダー

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031